鳥は待って居ては撮れない事もある
今日は朝から晴れて風も弱く、絶好の鳥撮り日和だった
f0133213_21343400.jpg






日の出の6時20分から2時間以上たっても下太郎は飛来しない~河口上流の魚道にギャル曽根ちゃんを見つけたので、重い機材を持って上流へ行く
f0133213_21355947.jpg







しかしギャル曽根は対岸に枝移りして、
f0133213_21391511.jpg






その後、僕らの頭の上の木に枝移りして飛び去る~
f0133213_21401443.jpg






ギャル曽根はその後逆に合流点の端枝に飛来した
f0133213_21412449.jpg







僕らが合流近くのブラインドにつく前にブロックの蔭にダイブし、良い型のお魚をゲットして飛び去る
f0133213_21423824.jpg







その後、また端枝に飛来したギャル曽根は直ぐに緊張した様子で~
f0133213_21450145.jpg






背伸びを始める
f0133213_21463083.jpg







良く観ると、近くのブロックで下太郎も背伸びをしていた
f0133213_21465959.jpg






その後は、下太郎がギャル曽根を追い払い~竹下枝にパーチする
f0133213_21480726.jpg






しかし、お呼びでないモズに追われて、下太郎は本流へ飛び去った
f0133213_21491772.jpg







ギャル曽根が蛇篭にパーチしているというので、また重い機材を持って上流へ行く
f0133213_21510075.jpg








f0133213_21524460.jpg






近づき過ぎたのか、ギャル曽根ちゃんは、左手の高い枝に移る
f0133213_21531331.jpg






でも、バックの色がキレイだったが~更に上流の堰の遥か向こうに飛び去る
f0133213_21550110.jpg









やっと合流点に戻って後ろを観たら、またギャル曽根が蛇篭にパーチしているので、また上流へ行く
f0133213_21555896.jpg







ダイブするが採餌失敗、撮影も水上り3枚はボケていた4枚目から合焦
f0133213_21585034.jpg






ここから横っ飛びをひつこく追いかけたが、省略する
f0133213_22003626.jpg







費消して一旦この鉄板に止まった後、上流へ消える
f0133213_22034164.jpg
この後歯医者さんがあるので、10時撤収となる








その他の野鳥~お魚を獲ったコサギ
f0133213_22064159.jpg







お魚を好きになったツグミ
f0133213_22081662.jpg





カメラマン席の上の枝に来たコゲラ
f0133213_22090430.jpg







f0133213_22100506.jpg








f0133213_22102565.jpg








梅の木に来たエナガ
f0133213_22105395.jpg








f0133213_22113993.jpg







f0133213_22120624.jpg
今日はカワセミの穴を、他の野鳥たちが埋めてくれた~鳥は待って撮るもの~と言われるが、今日待って居たらおそらく完全ボウズだった。ケースバイケースか~

by sazamameinko | 2017-02-22 22:14 | | Comments(6)
Commented by だっく at 2017-02-23 05:37 x
鳥飼人さん、おはようございます。
風も無く陽射しが暖かで、快適な鳥撮り日和でしたね~。
これで翡翠のパフォーマンスがあれば文句なしでした。
(有ったのですが岩裏ではねぇ)
今は一年のうちでもっとも悪い時期なんですよね。
じっと我慢、待つしかありません。
Commented by sazamameinko at 2017-02-23 07:09
だっくさん、こんばんは。
その通りでしたね~ベストコンディションのなか、
カワセミだけが来ませんでしたね。
でも粘れば何とかなるという確信は持てました。
次回河原の状況が変わればカワセミが出ッ放し
になるというのを期待したいですね。(^^)/
Commented by ASK at 2017-02-23 07:41 x
TKNさん、こんにちは
もう暫くこの状況は続くかと予想しますが
長い目で見てやりましょうね~^^
ギャル曽根も下太郎も元気なことが分かりましたからね~
気になるのは本流上流で下太郎と並んでいたやつは誰なんだってことかな
Commented by sazamameinko at 2017-02-23 18:07
こんばんは、ASKさん、あまり良い状況では
ありませんが、ボクもDさんも悲観論者ではありません。
常に今この場で爆発が起きるのではないかという思いを
持ちつつ、景色を観ています~特に悪い日の翌日は
岡本太郎のように、ひきつった目をして、臨みます。
そして、いつか「爆発だぁ~!」と言える準備はしています。
そんな気持ちがあるからあんな河原で長時間過ごせます。
ASKさんも、大きな希望を胸に出撃しようではありませんか。
Commented by panoramahead at 2017-02-23 20:27 x
ベストコンディションのなか、翡翠が狂ったようにダイブ。
そんな日は年に数日しかありませんものね。でも、のどかな天候の中
ただ待つのはつらいものですね。他の場所に行ったら、何があっただろうなんて
余計なことを考えてしまいます。
Commented by sazamameinko at 2017-02-24 06:40
こんばんは、パノラマ様。
確かに、この下太郎はスウィッチが入りにくい個体のようです
以前の個体は必ずどこかで狂ったようにダイブしたものです
もちろん、その時はお魚は獲れて居ないんですけどね~
僕が話したのは、そのような事がいつ起きるか分からない~
そんな気持ちで、河原に立っています~と言う事です。
この間のアトリが、次から次に飛来するようなイメージです~(☆〇☆)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< イカルチドリの動画 GIF動画への挑戦Ⅴ >>