所沢ユリ園
先日雨の降らない日、今年もユリ園に行って来た

f0133213_18280494.jpg






相変わらず見事なユリの花が咲き乱れていた
f0133213_18282172.jpg








黄色は黄色、オレンジはオレンジだけのお花畑もありました
f0133213_19202273.jpg








園内に入って、先ず目に飛び込んでくるのがこの白百合
f0133213_18283584.jpg






ウチの亡くなった母の出た女学校が「白百合」と呼ばれて居ました
f0133213_18285279.jpg






今年目に付いたのがこの花~姿の良いお花です
f0133213_18290700.jpg







大人の赤とでも言いましょうか~落ち着いた花でした
f0133213_18292754.jpg







これはイエローウインという花でしょうか~よく見ると何かが居ます~
f0133213_18294271.jpg







ピンクの色が何とも言えない花です
f0133213_18295844.jpg







この花のどこかに何かが隠れて居ます
f0133213_18310532.jpg






黄色い花は、何であれ元気をくれます
f0133213_18301517.jpg







この花、何と言う花でしょう~びっくりするほど奇麗でした
f0133213_18303362.jpg



by sazamameinko | 2015-06-19 19:15 | | Comments(4)
Commented by panoramahead at 2015-06-19 20:04 x
ユリは雨の日が似合いますね。そんな印象があります。
TKNさんの御母堂は、白百合のご出身でしたか。僕の身内にも白百合の卒業生がいます。
白百合大に進む人が多い中で、なぜか体育大学に進学。挨拶は「ごきげんよう」の世界から
1日5食も辞さない強烈な人々に囲まれかなり参っていたようです。
Commented by sazamameinko at 2015-06-19 21:07
こんばんは、パノラマ様。
そうなんですか~それは奇遇ですね~ボクの母は
白百合を出た事を生涯の誇りのように思っていたようです
母の家が下宿人を置いて居まして、その下宿に縁があって
入った地元の医大生がボクの父親でした~
父は卒業後、母と結婚をいたしました。縁とは異なものですね。
Commented by panoramahead at 2015-06-19 22:25 x
>生涯の誇り
戦前から続く由緒正しい女学校ですもの。それは当然と思います。
それにしてもいい話ですね~なんだか明治文学のかほりであります。
きっと6年の間にいろいろな出来事があったのでしょう。
僕も下宿すればよかったなあ(笑)
Commented by sazamameinko at 2015-06-19 23:31
センセ、そのころは古き良き時代でもありましたが、
一方では大学病院の医局に勤めていた父はかなりの薄給で
税務署から、母が「これで良く生活できますね」と
言われたそうです。それで近くで歯医者を開業していた
家に嫁いだ姉から、時々援助をしてもらっていたようです。
「神田川」までは行きませんが、暮らし向きは苦しかったようですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 中年君、高いところを飛び回る スズメのホバーリング >>