空蝉(うつせみ)
我が家の庭には、セミの抜け殻が売るほどあります。セミは長い間地中で暮らし、地上に出ると僅か7日間で死んで行くその生き様は昔から人に感動と無常観を与えて来ました。
「もののあはれ」と評された生き物であったこの蝉の抜け殻を何時の世からか「空蝉」と呼ぶのは、現身(うつしみ)という言葉から連想され、生まれた言葉かも知れない。
f0133213_19913100.jpg

by sazamameinko | 2013-08-20 19:18 | | Comments(6)
Commented by panoramahead at 2013-08-20 20:32 x
鈴なりではありませんか!まさか全員よーいドンで出てきたわけでは
ないですよね?よほど条件がいい場所なのでしょうか。じっと乾かさない
と、羽根が曲がって飛べなくなってしまうと聞きました・・。
Commented by sazamameinko at 2013-08-20 20:48
こんばんは、センセ~
鈴なりなら、もっと値の張るモノが良いんですけどね~
この抜け殻では粉にして、フリカケにするしかありません^^
さすが、色々知っておられますね~また色々教えて下さいませ~
そう言えば「八日目の蝉」という映画、なかなか面白かったですよ~
Commented by junko at 2013-08-21 04:07 x
Ciao sazaさん
えーーーこんなにたくさんくっついて存在してるわけー!?
こんなのはじめて見ましたよ
団子三兄弟ならぬ、空蝉5兄弟?

うちにね新しい家族が増えました
蜘蛛のくーちゃん、、相変わらずイージーなネーミングですが、、
黒と黄色のしましまが美しいです
ただ、すくすく大きくなって最近大きくなりすぎてちょっと不気味な感じもしないでもなくなってきた、、、汗
ま、家族だから仕方ないね
Commented by dosanko0514 at 2013-08-21 07:19
おはようございます。

セミの抜け殻が、こんなに固まっているのをはじめて見ました。
それだけ、sazamameさんの庭は、セミたちにとって暮らしやすい場所なんでしょう!

でも、きっとセミしぐれがすごいんでしょうね!
Commented by sazamameinko at 2013-08-21 18:20
こんばんは、JUNKOさん。
毎年、たっくさ~んの抜け殻がありまして~古切手のようにどこかへ寄付したいくらいです~
女性に見せると…「ヤダ~キモイ!」と言われるので、ブログのみの公開です
カワセミ5兄弟ももうとっくに旅立ちましたでしょう~南無~
えっ、蜘蛛を飼ってる?それも黒と黄色ですか?交通整理の蜘蛛?
日本人は女性も男性も弱体化しつつありますから、そんなペットを紹介したら…
気絶するかも知れませんね~ボクは蜘蛛でもヘビでも大丈夫です~
ただし、「毒」の無いのならね~毒があるのは蜂でも勘弁です(^◇^:)
Commented by sazamameinko at 2013-08-21 18:23
こんばんは、どさんこさん。
そうなんですよ、蝉しぐれとカエルの合唱はすごいです~
でも、よくしたもので、そういう自然の音は少しぐらいうるさくても
ぐっすり眠れるから不思議ですよね~思い出すな~林間学校…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 名も無き池 知らない池で…Ⅲ >>