サドンデス
今日も仕事の帰り♪…あの大きいお口が観たくて…あれ~っ!
f0133213_19104677.jpg







ヒナが1羽も居ません…巣の中はカラッポ~またしてもです~
f0133213_19111793.jpg







1度帰りかけて、もう1度巣の方を観ると…親が巣の中にいました…
f0133213_1912837.jpg







近づいても逃げません、観ると4羽分の青虫を咥えていました…
f0133213_19123747.jpg

巣が何者かに襲われたようです~自然って厳しいなぁ~
by sazamameinko | 2010-06-03 19:23 | | Comments(6)
Commented by kei at 2010-06-03 22:09 x
こんばんは。
ヒバリの親が4羽分の青虫を咥えているの見て、
自然界の厳しさと哀しさを感じました。
エナガの営巣もそうでしたね。
ホワホワの羽毛と目いっぱい大きく開けた黄色いクチバシ。
楽しみにしていましたが、とても残念です。
Commented by cocomerita at 2010-06-04 00:35
えーーーー
飛び立ったんじゃなくて、食べられちゃったの―――??
青虫三羽分加えて帰ってきた親鳥が、、悲しいーー
Commented by sazamameinko at 2010-06-04 05:24
おはようございます、Keiさん。
このヒナ達に何が起こったのか…分かりませんが
サドンデス(突然の死)が訪れた事は間違いありません。
もうしばらくしたら、そばに迷彩テントを張って…
ヒナの口に親が餌を放りこむシーンを撮る予定でした。
それにしても、ヒバリも安易な所に営巣したものです。
でも、その事を責められませんでした…あのたくさんの
青虫を咥えて、いつまでも巣のそばにいる姿を観たら…。
Commented by sazamameinko at 2010-06-04 05:30
JUNKOさん、おはようございます。
とっても小さいさくて、泣き声すらまだ立てられず
タダ大きなお口を開けるだけの小さな小さな生き物…
目も開いてませんでした…だから、カラスや蛇に
呑み込まれても、何だか分からないままだったでしょう。
親鳥のあの直向な目が忘れられませんでした。
Commented by dosanko0514 at 2010-06-04 12:53
野生動物の宿命とはいえ、残念ですね~。

子育て意欲満々の親鳥の立ち尽くす姿が痛々しいです。
こういった厳しい環境で生き抜く野鳥たちには、我々人間が忘れかけていた生きることの大切さを教えられている気がします。
Commented by sazamameinko at 2010-06-04 20:47
こんばんは、野生動物の世界の厳しさ…
教えられました…野生動物に生まれなくて
良かった~何て言ったら、ヒバリが可哀相~
生きる事はすなわち闘いですね…
そして、幸運なものだけが生き延びるのです。
自然な営みの中に…生きる大切さを学びたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コアジサシ Ⅱ (カルガモ) 流ちゃん、元気に子育て (ヒバ... >>