福寿草
「福寿荘」と変えればどうみても老人ホームの名前
f0133213_033662.jpg







でも花言葉は「幸せを招く」とか…最近好きになって来た花です
f0133213_0333844.jpg

by sazamameinko | 2009-02-08 07:56 | | Comments(8)
Commented by hesse65 at 2009-02-08 17:25
つぼみから開いたばかりのようで,おーい,出てきたよ~,と言っているかのようです.

どこかの山の中でしょうか~? 春の訪れを感じさせる花のようですね.
ハイキングガイドでは良く聞く名前なんですが,まだ実物を見た事がありません.
今年の春は,少し歩き回って小さなお花を美しく撮ってみたいと思っています.
Commented by kei at 2009-02-08 22:11 x
黄色は元気の出る色。
そして黄色い福寿草は、春を告げる花ですね^^
あまり色のないこの季節の中で、小さいけれど存在感の大きい花ですね。
控えめに開いた花びらが、とてもいじらしく思えます^^
Commented by sazamameinko at 2009-02-08 22:30
こんばんは、hesseさん。
福寿草と言うと、黄色い花が目一杯開いて綺麗な花が
一般的ですが、ここの神社の花は朝夕はしぼんでいて…
光が射す時間だけこの程度開くようでした。
その、控え目なところが気に入って撮りました。
hesseさんの山花写真…楽しみにしてますね。
Commented by sazamameinko at 2009-02-08 22:40
Keiさん、こんばんは。
そうですね…この花の周りは地味な色彩ばかりでしたので
このたった2輪の福寿草がとても華やいで見えました。
良く画賛(色紙形?)などにこの福寿草を描く方が多い
のですが、とても素敵だと思います。
この花の黄色は本当に元気が出そうな色です。
Commented by dosanko0514 at 2009-02-09 17:53
久しぶりに、見ました「福寿草」。

北海道では、3月から4月の雪解け時期に、雪の間から顔を出します。
これが見られたら、北国の春を感じました。

近所は埋立地なので、野生では生えていないようです。
Commented by 瑠璃羽 at 2009-02-09 19:20 x
花びらの内側と外側で、冬と春を表わしてるようです。
冬によって固く握られていた春が、ふわぁ~と欠伸をしながら開いていった感じです。
Commented by sazamameinko at 2009-02-09 19:41
どさんこさん、北海道では3~4月ですか…雪の間から
顔を出す様も観てみたい気がしました。
鶯の事を「春告鳥」なんて言いますからさしずめこれは
「春告草」とでも言いましょうか…。
この花の開きかけた時の、色合いがとても好きです。
Commented by sazamameinko at 2009-02-09 19:49
瑠璃さん、こんばんは。
そんな感じです…外側はむしろ冷たい殻のようですが~
内側からこぼれる明るい黄色の色が春を予感させます。
もう春がその辺まで来ているのでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< モズ男の子 シロハラ >>